クレアチニン下げる食事は食事療法をしっかり守ること

カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、使用する食品の種類や調理の際の形状・水量・所要時間により相違します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。慢性腎臓病に悩まされる方に向けて、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理につながります。腎臓機能が下がっていくに従い、今以上に考えて食事を調整する重要が出てきます。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限が加わります。自分で勝手に食事内容を決めずに、専門の知識を有する管理栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにして下さい。食事を基にして得立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、無駄な老廃物は尿を出す際にいっしょに排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に持たらす負担が増加します。腎機能を維持する上で、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにして下さい。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に行き分離された後尿といっしょに体外へ出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉が衰えてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。その他で言うと、妊娠時には、尿といっしょに出されるクレアチニン量が飛躍するので、クレアチニン値が低くなるのです。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)が存在します。糖質と脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える重要性があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日換算で約30g~40gです。浮腫が際立っていたり尿量が明確に少ない場合、塩分に加えて水分の調整も重要になるのです。病理制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中における全水分が相当します。浮腫自体が無い又は軽度の場合は制限を設ける項目は塩分だけになるのです。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病を患った方が行なう食事療法・食事制限のポイントは、慢性腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康状態の維持になるのです。人工透析の要らない保存期のうちは、食事療法を試みる事で腎不全の進行ペースを抑えられ、人工透析導入を遅らせることが出来ます。また、人工透析導入後も、できるだけ健康な状態で人工透析を行っていく上で、食事療法・食事制限は大きな意味をもちます。慢性腎臓病でも食事療法・食事制限が適切であれば、体内に邪魔な老廃物や毒素(一定の量を超えると害になる物質も少なくありません)がたまらなくなるのです。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、慢性腎臓病の症状進行のペースを遅くできます。だいぶ効果が出た場合には、慢性腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられたりするのです。食事療法・食事制限が難しいと言いますが、これは病理制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法・食事制限と言うのは、患者が自主的に取り組める最善の手法になるのです。慢性腎臓病では 糸球体がおかされるために普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に居座り続けるようになるのです。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の原因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法・食事制限の元一定量を維持することが重要となるのです。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く含まれています。おやつは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、基準値を超え立たんぱく質を摂取する事になるのです。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個と同量くらいのたんぱく質が内包されています。
こちらもどうぞ⇒クレアチニン 下げる 食事

カテゴリー: トピックス パーマリンク