なた豆茶は口臭以外にも腎臓病に効果があるのか!?

腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の悪化を食い止める事と、現在の健康状態のキープです。透析の要らない保存期のうちは、食事療法によって腎不全の進行をスローペースにし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。実際に透析が必要となってからも、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は必須なのです。日々の食事で得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓でろ過され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食品の分類や調理を実行する際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、なた豆などの豆類で約30%除去できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きちんと搾る事で効果は高まります。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分に変換した場合30~40gとなります。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分だけでなく水分の制限も重要となります。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品自体が持つ全ての水分と考えます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみ行う事となります。なた豆茶は腎臓に効くと言われています制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるので独断で制限を行う事は危険です。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を元に作られる老廃物であり、腎臓でろ過されたあと尿中に排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が減れば、クレアチニン量もその分落ちていきます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの度量が多くなるため、クレアチニン値が低くなります。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物まで、体内で増加し始めます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を体内へと送り続ける必要があるのです。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘いものには意外に多量のたんぱく質が入っています。お菓子は製造過程でなた豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個程のたんぱく質が含まれている訳です。腎臓病の食事療法がうまくいくと、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の悪化のペースを遅くできます。かなりの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるケースもあったりします。食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って手掛けられる最善の治療方法です。腎臓病に悩まされる方に向けて、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事制限が行いやすくなります。腎臓機能が落ち込む程に、今以上に考えて食事を制限しないといけません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も追加されるのです。個人の見解で判断するのではなく、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。よく読まれてるサイト

カテゴリー: トピックス タグ: , パーマリンク